振り返ったとき、どんな自分でありたい?

こんにちは。  原 汐里です。

ニュースでは、小林麻央さんの訃報が流れています。

34歳という若さで乳がんで亡くなったという事実は
多くの若い女性に衝撃を与えたのではないでしょうか。

わたしも毎年健康診断を受けていますが、
日々の生活の中でも身体ときちんと向き合うこと
もっと意識していこうと思います。

そして麻央さんといえば、ブログでの発信も有名ですよね。
闘病中も亡くなる2日前までリアルな状況を綴られるなか
奇跡を信じた前向きな言葉、人を思いやる言葉が
たくさん溢れていました。

愛に溢れた人、そしてそれを与えられる人。
同じ女性として、尊敬の気持ちしかありません。

BBC 100 WOMENにも選ばれた彼女は、
その中でこんな記事を書いていました。

人の死は、病気であるかにかかわらず、
いつ訪れるか分かりません。

例えば、私が今死んだら、
人はどう思うでしょうか。

「まだ34歳の若さで、可哀想に」
「小さな子供を残して、可哀想に」
でしょうか??

私は、そんなふうには思われたくありません。

なぜなら、病気になったことが
私の人生を代表する出来事ではないからです。

私の人生は、夢を叶え、時に苦しみもがき、
愛する人に出会い、
2人の宝物を授かり、家族に愛され、
愛した、色どり豊かな人生だからです。

わたしの人生のテーマって、なんだろう?
わたしが世の中に与えたいことって、なんだろう?

改めて考えさせられる出来事になりました。

等身大の自分の発信を続け、多くの人に与えることのできる女性でありたい。
そして振り返ったとき、素晴らしい人生だったと思えるように生きたい。
そう、強く感じました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です